読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケルクショーズ・イリヤ(Quelques Choses - il y a)

らららぎの思想の河床。記事まとめ▶ http://chatte.hatenablog.jp/entry/2017/03/05/011325

せめて友だちのことぐらいは翻訳できるようになりませんか

616 名前:いいちこ飲んでる名無しさん[sage] 投稿日:2014/06/13(金) 12:34:59.37 ID:6+eXXiTQ
>>615
なんであの監督クビになったの

617 名前:いいちこ飲んでる名無しさん[sage] 投稿日:2014/06/13(金) 12:35:22.12 id:C35aXC6q
>>616
選手のこと殴ったから

618 名前:いいちこ飲んでる名無しさん[sage] 投稿日:2014/06/13(金) 12:36:10.33 ID:6+eXXiTQ
>>617
とんくす

 この会話の形式に好きな内容を当てはめてもらいたい。たとえば「なんでタカシくん学校やめたの」「後輩のこと妊娠させたから」「とんくす」なんてどうだろう。ぼくらはいつだって、このレベルの精度で行わる情報交換の《話題=標的》になってしまうことがある。ぼくも、このあいだ、友だちだと思っていたやつにこういう形式の情報を流されて、ひどく哀しくなった。
 ただぼくも大人なので、そいつに関するマイナスな噂が流されていたところに必要な文脈を付け足してやった。ひとり「俺ってなんて優しいんだ」と自画自賛して自己満足したのはいいのだが、やはりこういう情報伝達はやめたほうがいいよって思う。ぼくの周りには、よくもわるくも2chのノリを内面化している「キッズ」(©めがねの叔父貴)が多いけれど、せめて友だちを大切にしようという気があるなら、「なんで△△なの→○○だから→ありがとう」というクソみたいな情報交換をやめてもらいたい。

対話するというのは、アポをとって出向き、玄関にたどり着いては到着したことを知らせ、お辞儀を何度も交わし合いながら、家の中に入っていき、気まずくならない程度に要らない言葉のストック(「今日も暑いですね」)を回転させてお互いが場をつなぎ、靴を脱いだりスリッパを提供されたり、引き連れられながら廊下を直進し、既に用意されている居間に案内されることだ。インターネットの最大の長所は、そんな面倒なことしなくていいことであり、最大の弱点は、そんな丁寧なことができないことだ。私たちは「決まりきった動詞に、自分なりの副詞を少しだけ加える」ことでしか丁寧になれないはずなのに、インターネットは名詞だけでショートカットしようとする。
――拙稿「言葉遣いを観察して、想いを少しでも受け取って」2014/06/16

 ぼくときみが友だちなら、面倒くさいことを丁寧にしよう。たがいの情報を出すときに、いちいち細かい文脈を語ろう。何度も修正可能な形で取り出し、その修正の責任を持とう。
 だれかの発言や行動の「文脈」を知らないときは黙っておかなければならない。たとえばだれかの発言した「嫌い」ということばは、(1)そのまま嫌いであることを示すときと、(2)ほんとうは好きを示すこともあるし、(3)アニメキャラ・塩対応アイドルの真似のときもあれば、(4)じぶんが居なかったときに生まれた名台詞かもしれないし、(5)嫌いって言われると喜ぶひとに対して接待的に言ったのかもしれない
 これはかなり明確に分けたが、こんなにちゃんと区別できないことだってたくさんある。それを「じぶんにとってわかりやすい意味で受け取る」のは非常に危険なことだと言える。黙らせてはいけない文脈が、じぶんの知らない範囲に、ほとんど無限にあるのだから、いつだって「じぶんの知らないこと」に対して危機感を抱いておかなければ危うい。
 逆に、ひとつひとつの文脈を意識したうえで出す情報というのは「翻訳的」である。それこそ「とんくす」をだれかに説明しなければならないとき、ぼくらは2chの《文脈》をしっかり捉えて翻訳しなければならない。
 「東京のひとはぶつかっても謝らないから冷たい」という偏見に対して「東京の文脈」を翻訳してやらねばならないし、「大阪のひとは初対面で給料の話をするから失礼だ」という偏見に対して「関西の文脈」を翻訳してやらねばならない。その翻訳能力が不足しているがために「東京行ったらこうだった最悪だ」とか「大阪行ったらこうだった最悪だ」という言いかたで周囲の人間に呪いを撒き散らしてしまうひとがたくさんいる。そういうディスコミュニケーションや分断が、もっともローカルに起こるのが陰口や悪口であり、それを鵜呑みにするのも同罪に等しい。
 行動や言動の背後にあるいろいろな事情を、いろいろな文脈を、いろいろな想いに対してできるだけ食らいついてゆこう。せめて友だちのことぐらいは――もちろん友だちだからこそむずかしいのだが――、翻訳できるようになりませんか。