読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケルクショーズ・イリヤ(Quelques Choses - il y a)

らららぎの思想の河床。記事まとめ▶ http://chatte.hatenablog.jp/entry/2017/03/05/011325

実現不可能な感嘆と付き合う

 「鳥みたいに空を飛びたい」
 これほどありふれたファンタジーもなかなかないが、大学かコミュニティでビジネスライクに思考する癖がついてしまったひとは、このファンタジーに対してこう答えてしまう。「いや、鳥ってどれだけ羽ばたいているか知ってて言ってるの? 実際に飛ぼうと思ったらかなり大変だし、そんな簡単なことじゃないよ」。まあ、これはかなりデフォルメしているにしても、多かれ少なかれ、このような方向性で回答してしまう。
 これは感染症みたいな感じでわかりやすい例だから分析も自戒もむずかしくないかもしれないが、会話のなかで不用意に入り込んでくる「ビジネスライクに解体できてしまう弱々しい象徴」をどのように受け止めたり、受け流したりすればいいのだろうか、ということを考えたい。
 すくなくとも、相手の言動や発言が「なにかを象徴しているのかもしれない」という可能性を(まるでデスクトップに貼り付けたメモのごとく)念頭に置いておく必要がある。よくあるミスマッチは「死にたい」「じゃあ死ねばいいじゃん」というやりとりであって、「死にたい」の発話者は実際的な死を先取りして志望しているわけではなく――もし望んでいるならたいてい発言する前に自由に死んでいるだろう、という予断でもって話を進めれば――その発言になにかを象徴させていると考えることができる。その象徴が本人にも他者にもわからない場合、ぼくはそれを「感嘆」と呼ぶことにしている。
 感嘆というのは、「嗚呼」ぐらいで充分なのだが、さすがに「嗚呼」ばかり言っていられない。
 それに――ほんとうに厄介な願望だが――感嘆から読み取ってほしい〈私〉というものを、大小ぼくらは持っている。文化資本へのあこがれと欠乏感や、思想への衝動とためらいや、人生への賛美と侮蔑が「にゃーん」という常套句的な感嘆として出てくるのも、そのためなのではないかと思っている。
 つまり、「私だけにしかわからないつらさやむなしさを吐き出したいけれど、そういうことをしている私を(あなたが仲間/友達/同クラスタ/恋人なら)ちゃんと理解してほしい」という二面性を持ち合わせている。要請されていることは、理解することであり、理解しないことである。かなり灰色な地帯で取り扱わなくてはならない。「鳥にはなれないよ」「大変さがわかってるの?」「死ねばいいじゃん」というやっつけ仕事の黒では間に合っていない。もちろん「他人の自家撞着している感嘆に付き合う必要などない」というドライなひとは白黒をつければいいかもしれないが、そういった信念だけで生きることも同時にむずかしい(否定するつもりはない)。ひとりでは生きられない以上、どこかで他人の灰色を受容しなければならない瞬間というのがくるもので、その瞬間は徴候のひとつもなく突然おとずれ、抜き打ちテストのような手口で〈私〉の他者受容性を試練する。
 「〜になりたい」というのは、たまたま駆り出されたインスタントな象徴であって、より無難な言い換えが思いつき次第で交替しても構わないような代物である。たとえば、鳥になりたいと言ったときに象徴されている〈自由〉とか〈解放〉とか〈冒険〉といったイメージは、より無難でより一般的な名詞があれば、「鳥」じゃなくたって問題ない。あいにくぼくの貧弱な連想では思いつかないのだが、思いつかないときは「にゃーん」と言っておけばよい。にゃーん(「猫になりたい」)。

 ことばを鵜呑みにしないというか、あるひとつの強い意味(明確な名詞)に託された思いや気分というのは、実測不可能で、表情、仕草、口調、目線、瞳、呼吸、声帯、姿勢、習慣的な動作、反復的な運動、思考回路、心拍、筋肉、汗などに紛れ込んでおり、潜って探しても断片のようなものしか見つからない。
 「仕事したい(役割になりたい)」とか、「俳優になりたい」とか、「恋人がほしい(恋人になりたい)」とか、「結婚したい(夫婦になりたい)」とか、こういう感嘆語が出てくる場合もある。その感嘆を読み込まずに「じゃあまずやれば?」「まず出会いなよ、動きなよ」と正論を投げてもつながらない。分断して切断して正論はいい気になるが、いい気になった正論と、その論者の正義感に困り果てるひとのことはだれにもかえりみられない。
 相手の感嘆に対して、ぼく個人の話になるが、最近は実験的に「まったく共感できないけど、〜になりたいんですね。いいと思います」みたいな内容のことをパラフレーズしながら、分断せずにつなげてみていたら、ひとり勘のいいひとから「まったく共感できないけど〜って言いかたなんかいいね」と言及された。「わかってほしくないけど、わかってほしい」という自家撞着的な気分は、話をグレーな方向に持っていくことである程度解消されるらしい。
 だらだら書いてしまったが、要するに、「他人が実現不可能なことを言っているとき、その実現不可能性を指摘する前に、もしかしたらフィクションを狙われたファンタジーな感嘆なのかもしれない、グレーゾーンに上がり込むための呪文なのかもしれない、抽象的なものを現実の名詞に象徴させながら自由や冒険など変化のきっかけを探っているのかもしれないとためらってみることも大事だ」という話をしたかった。